加圧トレーニングとはなにか?

 

加圧シャツと聞くと、何か体に「圧力を加える」のか?と思う人もいるかもしれません。
加圧トレーニングジムと聞くと、ものすごい効果を得られそうなジムのようなイメージがありますよね。

 

実際のところ、金剛筋シャツの「加圧」というのは、街中にある「加圧トレーニング」を実施するようなジムの加圧とはまったく違います。

 

加圧トレーニングとは、「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」です。
専用の加圧器具を使って、腕の付け根や脚の付け根に、適切な圧を加えます。
動脈、静脈を制限することで、腕や脚に血液が滞留し、普段は使わないような毛細血管まで血液が流れるようにした状態を作り出します。

 

これによって、負荷が軽くても筋線維の動員率が高まり、さらに酸素不足になるため血液中の乳酸値が急激に上昇します。

 

加圧によって血液中の乳酸値が高くなることで、脳下垂体より成長ホルモンを大量に分泌させます。
この成長ホルモンの増加によって、体脂肪を燃焼させ、さらに増加した成長ホルモン自体が、筋肉の組成や運動機能の向上にプラスの影響があるとされているトレーニングです。

 

加圧トレーニングは、きわめて軽い負荷と短時間で劇的な効果があると言われています。
しかし、一般の人が専門器具や知識のない状態で実施するのは危険なので絶対に辞めて下さい。

 

 

加圧シャツの「加圧」とは?

 

加圧トレーニングの「加圧」は、血液の循環を制限することで、意図的に乳酸値を高めて身体の再組成を促進させるものでした。

 

加圧シャツと聞くと、いかにもこういったイメージがついてきますが、加圧シャツによって血液の流れが制限されるようなことはありません。
引締め効果といっても、その引き締め効果は、窮屈な競泳水着を着ているイメージに近いのです。

 

なので、寝ているときに金剛筋シャツを着ていても、健康に被害はありません。