金剛筋シャツを着ているとメタボが改善される?効果は?

 

金剛筋シャツはメタボに効果があるのか?

 

20代そこらの人は、メタボとは無縁だと思いますが、社会人ともなって10年もたつと、立派にお腹が出てきます。
若いころと同じくらい食べていると、代謝も落ちているので急激に太り始めます。
それに、ストレスもたまるので、身体にはよくないですよね。

 

ここからは僕が実際に金剛筋シャツを買ってメタボ腹を解消し、ウェストを16センチ下げた方法についてご紹介します。

 

メタボリックシンドロームとは

 

ひと昔前までは、太っていることは「恰幅がいい」、「太っ腹」など、ちょっと豪快なイメージもあり、決してマイナスなイメージだけではありませんでした。
しかし、肥満自体が万病のもとになっているという研究結果が報告されるたびに、「肥満=悪」といったイメージに。

 

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)とは、肥満、高脂血症、高血糖症(糖尿病)、高血圧などをすべてひっくるめた状態のことです。
メタボと診断されるのはものすごく簡単です。男性であれば、ウェスト85センチ、女性であればウェスト90センチを超えればメタボです。

 

 

メタボを克服してサイズダウンするには

 

メタボを克服するには、運動と食事を「適切に」にすることが大切です。
僕は今39歳ですが、39歳になってから痩せようと思うときの注意点からお伝えします。

 

若い時とはっきり違うことを自覚しておかないと、長く運動が続かないだけでなく、筋をひねってしまったり、猛烈な筋肉痛に襲われて寝るのも困難という事態に陥ってしまいます。

 

 

はっきりいって体はサビだらけ!

 

メタボ腹をなんとかしようと、いきなりハードなマラソンとか、筋トレをアラフォーがやるのは自殺行為です。
若いころはできても、アラフォーになってくると体がそもそも動かないのです。
これは年齢のせいというよりも、今まで運動も六位してこなかったので、あなたの筋育はおとろえ、可動部分が完全に錆びてるからです。

 

必ず準備体操をしよう

 

運動する前には必ず準備体操をしてください。

 

運動習慣がほとんどなかった僕は、最初に2週間くらいは準備体操のほうが運動よりも長いくらいでした。
そして、笑いごとじゃないのですが・・・、半端じゃなく疲れます。
四十肩なんてありえないと思っていた20代のころとは、あなたの身体はまったく別物です。
ラジオ対応によくあるような、腕を回しただけで、僕の肩から腕周りはパンパンになり(尿酸出まくりです!)、夏ということもあってか大量の汗をかきだすありさまでした・・・。

 

そして、このときからできれば、金剛筋シャツを着たほうがいいです。
金剛筋シャツを着ていると、体操すらキツイという人もいるかもしれません。その場合は、運動するときは逆に脱ぐくらいでも問題ないと思います。

 

 

運動できる体に戻す

 

正直・・・ラジオ体操で汗だくになって、肩がパンパンで動けなくなるという状態を体験して、自分の身体がハンパじゃなく衰えてることを自覚したのです。

 

なので、アラフォーの人はいきなり運動しようとモチベーションを高く持つのではなく、まずは運動できる体に戻すことから始めてください

 

今まで運動してこなかったあなたの身体は錆びついているのと同じです。
そんなさび付いた身体にいきなり、ハードな運動なんてできません。関節がキィーキィーと悲鳴を上げます。

 

なので、まずはマイナスの運動習慣だったあなたの身体を、運動ができる状態に戻すことが大切です。
僕は、運動できる体に戻すまで1か月かかりました。

 

ちなみに、この時点で体重を落としていく必要はあまりありませんが、今まで食べていた食事を見直していくようにしてください。

 

疲れにくいスロトレで十分

 

毎日継続していく運動習慣でおすすめなのは、やはりジョギングです。
それも、歩くスピードと変わらないくらいのスピードでジョギングをするスロトレがおすすめです。

 

スロトレのメリット

 

ハードな運動をしたときの尿酸が出ないため疲れにくい

運動に慣れていないのに、高負荷なトレーニングはあなたの身体を傷めてしまいます。
まずは、尿酸が出ないくらいのスピード(徒歩と同じかそれよりもゆっくり)でジョギングしましょう。

 

有酸素運動なので脂肪燃焼効果が高い

スロトレは、有酸素運動になるため、脂肪を燃焼する効果が高くなります。
ハードな距離を走ったり、スピードを出してマラソンをしても、消費できるカロリーにそこまで違いはありません。
なので、脂肪燃焼効果の高いスロトレを継続しながら、少しずつ体内の脂肪を減らし、筋肉量を増やしましょう。
もちろん、金剛筋シャツを着ながら行えば、さらに脂肪燃焼効果は高くなりますし、大量に汗をかきます。

 

 

過酷なトレーニングではないので続けやすい

スロトレは、ゆっくり走るだけなので時間こそかかりますが、過酷すぎてできない運動ではありません。
身体を傷めにくく、続けやすいのが特徴です。
そして、トレーニング前に金剛筋シャツを着ていれば、「今日も運動しなきゃマズイ!」といった強迫観念すらわいてきます(これが本当に効果的だと思います)。

 

走る距離としては、最初のうちは2キロくらいで十分です。これだと、徒歩と同じくらいのスピードで大体20分くらい運動していることになります。
もちろん、その前に準備体操をしっかりやっておきましょう。

 

そうすると毎日30分ほどの運動習慣です。
体操を続けて運動するための身体が出来上がるころには、スロトレで20分間のジョギングできる身体になっています。

 

運動しはじめたときの注意点

 

運動できる体つきになってきた場合、体重自体の変動はあまりないかもしれません。
しかし、確実に体つきが変わってきていることを実感できるはずです。

 

そうです、この体つきが変わってるのに、体重にあまり変化がない状態こそ質量の重い筋肉が増えている時期です。
体重が減らないからといって、絶対に焦ってはいけません!!

 

 

サイズダウンし始めるのは大体1か月後から

 

あなたの年齢とこれまでの運動習慣や食事を含めた生活習慣にもよりますが、僕のように40歳間近で運動もほとんど(10年以上)まともにしてなかったというケースだと、運動できるための体作りから必要になってきます。
最初のうちは、腕を回しただけで痛くて汗だくになっていた身体も、徐々に可動領域が広がってきます。

 

この運動できるような体つきになり始めると身体つきに明らかに変化が出てきます。
これまでお腹がドヨンとのってるだけだったズボンも、少し緩くなりはじめたり、スロトレを取り組みだすころは、太ももからお尻にかけてのぜい肉が減っていることに気づくはずです。

 

金剛筋シャツで毎日メンタルと体を引き締める人はこちら

↓↓↓↓↓

金剛筋シャツ公式サイト

 

 

庄司智春さんおすすめの金剛筋シャツの口コミや特徴、着方、選び方などを紹介していますので気になる方はトップページから詳細を確認してみてください→金剛筋シャツの口コミは本当なのか?