ダイエットが続かないのは脳に理由があった

ダイエットに挫折してしまう人の特徴を見ていくと、共通したパターンがあります。

 

  • 現実には無理なメニューを計画してしまう
  • 痩せたいがためにあれこれ手を出してしまう
  • 即効性や爆発的な効果に弱い
  • 食べたいものを我慢しすぎてどか食いしてしまう

 

いかがでしょうか。あなたにも当てはまる点がありませんか?

 

食事を我慢しすぎると動物脳が爆発する

 

食事制限

 

人間の脳の中で、衝動や本能ともいわれるのが動物脳です。

 

ダイエットしようと思っていきなり食事量を減らしすぎりと、脳が飢餓状態だt判断ししまいます。

 

人間の脳が、飢餓状態だと判断すると、エネルギーの消費を抑えて、せssyうしたものを少しでも効率よく吸収する身体に切り替えてしまいます。

 

これによって、元の食生活に戻したとき、貯め込みモードに切り替わった身体が、たくさん吸収しすぎてリバウンドしてしまうのです。

 

いきなりカロリーを大幅にカットする食事制限をするよりも、野菜や海藻やキノコを中心とした食生活の見直しが大切です。

 

 

食事以外のことで夢中になれることを見つけよう!

 

ダイエットを習慣化するためには、自分をコントロールできる脳の力が欠かせません。

 

そのために、食事以外に夢中になれることを探してみましょう。

 

ストレスがたまったとき、食べることに逃げてしまう人は特に要注意です。

 

夢中に取り組めることは、もちろん運動でもいいです。さらに、世の中の役に立つことなら、承認欲求も満たされるので、とってもおすすめです!

 

 

ウィルパワーを分散させないで!

 

食べたい!という衝動が、動物脳なら、それを抑える理性の働きをつかさどるのが人間脳です。

 

ダイエットしたいけど、食べたい!

 

「でも・・・今はこんなに高カロリーなものは必要ないよね・・・」

 

こうした理性がきくかどうかは、意思の力(ウィルパワー)によるものです。

 

心理学の分野では、長期的な目標達成のために、短期的な誘惑に抵抗する脳の力をウィルパワー(will-power)と呼んでいます。

 

※スタンフォード大学の健康心理学者ケリーマクゴニカルさんより

 

ウィルパワーの特徴は、体力と同じように、使えば消耗していくということです。

 

誘惑と戦かう、やりたくないことをする、判断や決断を迫られる、不安や恐怖にさらされる、こうしたことでどんどんウィルパワーを消費していくと言われています。

 

「部屋や机の上が散らかっている人は太る」と言われていますが、集中力が分散されてしまうと、誘惑に負けやすくなるのです。

 

ウィルパワーをしっかり蓄えるために、

  1. 1日の睡眠時間は6時間以上にすること
  2. 集中力を維持できるように部屋を片付けること
  3. あれこれ目標設定しすぎないこと

に取り組んでみるといいと思います!

 

ダイエットを続けるコツ

 

ダイエットは習慣づけが大切と言われています。
まずは無理をしないで、習慣を少しずつ変えてみましょう。

 

習慣にしていくことは大変でも、一度身に付いた習慣は、確実にあなたの財産になります。

 

食事で暴飲暴食を抑えたいなら、こうした加圧シャツもおすすめです。
金剛筋シャツの効果ミは?圧倒的人気の秘密はどこにある